Google Chrome を使用したNETGEARルーターのウェブ管理ページアクセス問題

公開:2019/9/17

Google Chrome の 77.0.3865.75 バージョンを使用して、NETGEAR ルーター製品の管理画面を開こうとするとページのアクセスがブロックされるという事象が報告されています。
Google Chrome の Commited Interstitials という HTTP Authentication (HTTP認証)オプションが影響している可能性があるものとみています。

【対象機器】

家庭用無線ルーター   R6xxx 
Nighthawk シリーズ   R7xxx, R8xxx, R9xxx, XR500, RAXxx, RAXxxx 
Orbi シリーズ     RBKxx, RBK50v, RBR20, RBSxx

【回避策】
以下のどれかを実施することが回避策となります。

  • iOS デバイス
    ブラウザの代わりに以下のアプリを使用する
    Nighthawk 
    Orbi 
     
  • Android デバイス
    ブラウザの代わりに以下のアプリを使用する
    Nighthawk 
    Orbi 
     
  • iOS/Android/PC 
  1. Google Chrome 以外のブラウザ(例:Internet Explorer, Firefox など)を使用する
  2. Google Chrome を使用する場合、以下の回避策を実施する
    ・Google Chrome ブラウザを使用している状態で、アドレスバーに以下を入力してアクセスする
        chrome://flags/#http-auth-committed-interstitials
     ・Enable Committed Interstitials for HTTP Auth の横にあるドロップダウンリストを "Default" から "Disabled" に変更する
     ・上記オプションを変更したタイミングで下に"変更内容は次に Google Chrome を再起動したときに有効になります。"と表示されますので、横の  "Relaunch Now" をクリックする
【修正】
  • 次期バージョンの Google Chrome にて修正予定
【参照ドキュメント】