【重要】 Stora クラウドサービス終了について

公開日:2019/10/21

Storaクラウドサービスは、2020年4月1日をもってサービス提供を終了いたします。
Storaクラウドサービスは、Stora内のデータにどこからでもアクセスできるサービスです。影響のある製品型番は以下のとおりです。
•  MS2000-100JPS
 
【サービス終了製品】
Stora クラウドサービス(外出先からのデータアクセス、設定変更等)
デバイス初期化後の再設定使用不可となります。
 
※LAN内のアクセスについては問題ございません。(SMBでのアクセスのみ)
※StoraAgent(Win/Macで動作するクライアントソフトウェア)にてStoraの検出可
能。
ダウンロード:https://www.netgear.com/support/product/MS2000#download
※WEB管理画面を開くことは可能ですが、オフラインでは設定変更は出来ません。
 
【代替サービス】
・ReadyCLOUDサービス
ReadyCLOUDは、ReadyNAS OS 6 デバイスで提供される CLOUD サービスとなります。
外出先からのリモートアクセス、写真や動画の同期などが行えます。
ReadyCLOUDの詳細については、ReadyNAS OS 6 のソフトウェアマニュアルをご確認ください。
http://www.netgear.jp/redirect/RNOS6_sw_UM.html
 
【注意事項】
・ReadyCLOUD を使用する場合、別途 ReadyNAS OS6 のデバイスをご購入いただく必要があります。
・サービス終了前にデータを移行しなかった場合、そのデータにはアクセスできなくなります。
・確実なデータ移行のため、サービス終了までに現行のReadyNAS製品にデータを移行されることをおすすめします。
・NETGEARでは、リプレースモデルとして、高性能、大容量で、最新のオペレーティングシステムとソフトウェアを利用できるReadyNAS 212、214、422、424を推奨しています。
 
ホームストレージ製品:https://www.netgear.jp/home/storage
ビジネスストレージ製品:https://www.netgear.jp/business/nas
 
【参考情報】
Stora サービス終了に関するFAQを作成しております。合わせてご確認下さい。
https://kb.netgear.com/ja/000049069/StoraEOLFAQ