ネットギアジャパンが、日本国内でもコンシューマー向けWiFiルーターのシェアNo.1を獲得!

米国シリコンバレーに本社をおくネットギアジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、代表:杉田 哲也、以下ネットギア)は、日本国内の無線LANルーターシェアを、米国でのシェアと同様に52%以上で1位を獲得します。当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースはネットギアジャパンの April Dream です。
■「WiFi 6」×「メッシュWiFi」でシェアNo.1に駆け上がる
アメリカシリコンバレーでNETGEARが設立された1996年と時を同じくして、ネットギアジャパンとして日本でも法人を立ち上げ、24年にわたりマーケットを牽引してきました。24年間ずっと中小企業向けに製品を提供し続けてきたネットギアは、機能をシンプルにすること、北米をはじめヨーロッパ、アジア、中東と世界中で販売することでコストを抑え、それまでは大企業でしか使うことができなかった最新技術を、中小企業や個人のお客様でも手に入れやすい価格で届けてまいりました。

 


そして2020年、私たちの生活は大きく変化しています。スマホやPCのみならず、テレビ、エアコン、お掃除ロボットなどをWiFiにつなげ、スマートフォンアプリでコントロールをする時代。家中どこでも、安定したWiFi接続ができることは絶対条件です。ネットギアはいち早く「WiFi 6」と「メッシュWiFi」に力をいれ、最高スペックのメッシュWiFi「Orbi WiFi 6」から、一人暮らしでも取り入れやすいWiFi 6ルーター「RAX20」まで、業界最多のラインナップを取り揃えています。これらのネットギアにしか提供できない機器の販売を通して、WiFiルーターシェア1位を獲得します。

wifi_share


転売屋様だけにしか買っていただけなかったネットギアが、様々なプロモーションを通じてやっとエンドユーザーの皆様に買っていただけるようになりました。今後もネットギアジャパンは「WiFi 6」と「メッシュWiFi」のラインナップを増やすとともに、ネットギア公式オンラインストア、Amazon.jp、ヨドバシカメラを通じて、製品を使ってくださる方の得となる情報発信やプロモーションを展開してまいります。