NETGEAR は、ProAV (オーディオ/ビデオアプリケーション) 環境をお手頃な価格で構築できるスイッチを発表しました

【米国リリース抄訳】 
この記事は、NETGEAR Inc.から発表されたプレスリリースの抄訳です。日本国内発売時期未定の製品も含まれています。
原文はこちら
 
ホーム/ビジネス向けネットワーク製品のリーディングプロバイダーであるNETGEARは、IP経由の音声/映像の需要拡大に対応するために、設定不要ですぐに使えるProAV向けスイッチの新しいシリーズを発表しました。
M4250-Stacked-Front-View 
NETGEARは、ProAV設定用のGUIを一から設計しなおしました。ProAVのお客様は、必要のない設定やIT固有の機能を持ったIT中心のGUIを我慢して使う必要はありません。M4250のProAV用GUIは、一般的なProAV装置用のプロファイルを選択可能で、特定のオーディオやビデオアプリケーションに対して正しい設定をすることができます。

M4250シリーズスイッチは、より高度な機能も利用可能です。WebベースのIT GUIとコンソール、telnet、SSH接続、標準のアウトオブバンド(OOB)管理用イーサネットポートを使用して、設定を詳細に調整できます。そのほか、スタティック、RIPおよびPIMルーティング、DHCPサーバー、PTPv2などにも対応しています。

またM4250シリーズは、オプションのAVBライセンスを購入することにより、ネットワーク経由でコンテンツを伝送するための業界標準であるAudio Video Bridging(AVB)に対応します。AVBは、ライブパフォーマンスで人の口の動きと音声がずれないようにリップシンクさせたい場合など、遅延を抑える必要があるときに最もよく使用されます。
M4250-GSM4212UX-Place-of-Worship
M4250シリーズは前面の黒色のパネルにポートとアクティビティのステータスが表示され、すべての電源ケーブルとネットワークケーブルは背面にすっきりと整理されます。ただし、ラックの前面にポートが必要な場合は、付属の埋め込み型ラックマウントキットを使用して、ケーブルを配線するスペースを確保することで、ラックの逆方向に取り付けることもできます。ラック以外に取り付けるための追加オプションとして、各スイッチの底部と前面にユニバーサルネジ穴があります。

今回発表されたM4250シリーズスイッチは12~16ポートで、PoE+(1ポートあたり30W)やUltra90 PoE+(1ポートあたり90W)に対応したモデル、2.5G対応マルチギガポートや、SFP+スロットを備えたモデルなど5種類のラインナップからお選びいただけます。
m4250-series