ネットギアのPro AVスイッチシリーズに、1Gbpsでお手頃な「M4250シリーズ」が登場!1ポートあたり90W、合計720Wの超大容量給電スイッチが28万円から。

ネットギアジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、代表:杉田 哲也、以下ネットギア)は、 Pro AV用にプリセットされた1Gbpsメインの「M4250シリーズ」を新たにマネージスイッチのラインナップに追加します。その最初の5機種となる、「M4250-10G2XF-PoE++」「M4250-10G2XF-PoE+」「M4250-10G2F-PoE+」「M4250-12M2XF」「M4250-16XF」を本日発売いたします。

M4250_01

■1GbpsのPro AV用スイッチ「M4250シリーズ」
10Gbpsや100Gbpsの大容量伝送が必要ない、音声配信や小規模な映像配信に最適な、1Gbpsメインの「M4250シリーズ」が登場です。従来の同軸ケーブルを使った伝送からIPでの伝送へ移行を検討しているAVベンダーの方や、これから映像伝送も含めて提案したいITベンダーの方により導入しやすい価格でご提供できるようになりました。

■Pro AVのために刷新された4つのハードウェア仕様
①ファンストップ機能で、ラジオ局や美術館など静かな場所でも使用が可能
「Off」「Quiet」「Cool」の3段階からファンの動きを選べるようになりました。静寂が必要な場面では「Off」に設定することで、スイッチの騒音を消すことができます。本体が高温になると自動で「Quiet」モードに切り替わり、静かにファンが動き出します。

②2種類のラックマウントキットと2種類の取付穴で柔軟な設置
通常のラックマウントキットに加え、ラックとスイッチの間にスペースを作ることができるラックマウントキットも付属しています。ラック内にケーブルも全て収めたい場合に便利です。さらに、前面にクランプ用にM10の穴が1つ、底面にVESAマウント用にM5の穴が4つあるため、ライブ会場など柔軟な設置が求められるシーンにも最適です。

M4250_02


③ケーブル類はまとめてすっきり
通常のオフィス用スイッチと異なり、電源もLANポートも同一方向に設置されているため、客席側には美しい面だけを見せることができます。

M4250_03


④前面、背面にLEDライトを搭載
ポート側だけでなく、反対側からでもポートごとのステータスを確認することができます。

M4250_04

 

 

 

■ITベンダーもAVベンダーも、誰でも簡単に使用できるソフトウェア仕様
①箱から出してすぐに使える「M4250シリーズ」
ネットギアのPro AV対応スイッチ「M4250シリーズ」「M4300シリーズ」「M4500シリーズ」は、映像伝送に必要な設定が事前に施されています。コストをかけて難しいトレーニングや複雑な設定をすることなく、必要なポート数とPoE給電容量のスイッチを選び、LANケーブルを繋ぐだけで、すぐに利用を開始することができます。

②AV用、IT用 2種類のwebGUI
M4250シリーズは、これまでのマネージスイッチのwebGUIに加え、IT用語を使用してこなかったAV業界の方でも直感的に操作可能な、AV用のwebGUIも用意しています。ポートを選択し、そのポートで使うアプリケーションを指定するだけで設定が完了です。
 

M4250_05




■製品詳細情報

 

 

 

M4250_06

 


製品名:M4250-10G2XF PoE++ 製品名:M4250-10G2XF PoE+ 製品名:M4250-10G2F-PoE+ 製品名:M4250-12M2XF 製品名:M4250-16XF
■販売情報
ネットギアの代理店、またはAmazon.co.jpよりお求めいただけます。
詳しくはネットギア営業部までお問合せください。

■本製品に関するお問合せ
NETGEAR 営業部