US貿易コンプライアンス

NETGEAR製品は、 ECCN分類番号5A991、5D991、5D992、5A992、5A002および5D002に該当するテレコミュニケーション機器/ネットワーク機器として、米国輸出管理規則およびワッセナーアレンジメントに基づいて管理されていす。 

ほとんどのNETGEAR製品には反テロ規制が適用されますが、いくつかの品目には、ネットワーク管理機能とユーザーデータへの不正アクセスを防止するための暗号機能が含まれます。 ECCN5A002および5D002に基づいて分類される製品には、追加の流通・使用に関する規制およびユーザー規制が適用されます。
所定製品の分類を判定するには、こちらをクリックしてください。
ご意見、ご質問またはご不明な点がございましたら、弊社まで電子メールでご連絡ください。exportcompliance@netgear.com。

輸出概要

規制の対象となるNETGEARの暗号ソリューションおよび暗号製品は、輸出許可を個別に申請しなくても、多種多様なエンドユーザーおよび目的地に納入することができます。 規制の対象とならないNETGEARのソリューションおよび製品は、許可を取得しなくても、世界中のほとんどのエンドユーザーに納入することができます。 NETGEARのソリューションおよび製品は、規制の対象かどうかを問わず、米国政府によるレビューを1回受けており、 許可例外ENC(15CFRパート740.17)の適用を受けることができます。 NETGEARのマスマーケットソリューションおよびマスマーケット製品もまた、米国 政府によるレビューを受けています(または自己分類されています)。 マスマーケットソリューションおよびマスマーケット製品は、許可を取得する必要はなく、「NLR」(許可不要)特例に基づいて輸出されます。
64 bit以下の暗号を含むNETGEARのソリューションおよび製品は、世界中のほとんどのエンドユーザーに納入することができます(ただし、キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、およびシリアに所在する事業体またはエンドユーザーに納入することはできません)。
すべての取引では、注文に関わる全当事者が http://export.gov/ecr/eg_main_023148.aspに掲載されている商務省のリストおよび統合スクリーニングリスト(輸出権利剥奪者、未検証者リスト、企業リスト)に記載されていないことを確認するために、コンプライアンスチェックを実施しなければなりません。

民間ソリューション:規制の対象となる暗号および規制の対象とならないもの

規制対象となるNETGEARの強力な暗号ソリューションは、あらゆる地域(ただし、禁輸国およびテロ活動支援国家に指定された国を除きます)に所在するほとんどの民間/商用エンドユーザーに対して輸出または再輸出することができます。 許可が必要な禁輸国としてEARのパート746に記載される国は、キューバ、イラン、北朝鮮、スーダンおよびシリアです。

政府機関ソリューション:規制の対象となる暗号

政府機関のうち以下の国に所在していない機関は、 規制対象となる非小売用の強力な暗号品目を取得する際に米国の輸出許可を取得する必要があります。オーストリア、オーストラリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、イギリス、アメリカ合衆国。

政府機関ソリューション:規制の対象とならない暗号

規制対象とならないNETGEARの強力な暗号ソリューションは、あらゆる地域に所在する(ただし、禁輸国およびテロ活動支援国家に指定された国を除きます)ほとんどの政府エンドユーザーに対して輸出または再輸出することができます。 許可が必要な禁輸国としてEARのパート746に記載される国は、キューバ、イラン、北朝鮮、スーダンおよびシリアです。

民間または政府機関ソリューション:(64 bit以下)

64 bit以下の暗号搭載ソリューションは、世界中の政府、民間、軍および商業エンドユーザーに納入することができます(ただし、キューバ、イラン、北朝鮮、スーダンおよびシリアに所在する事業体またはエンドユーザーに納入することはできません)。

禁止される使用

NETGEARの商品、ソフトウェア、および技術データは、NETGEARの許可および該当する米国政府の許可がない限り、直接または間接を問わず、当初の設計および所定の運用(コミュニケーションおよびネットワーク管理など)に一致しない用途で使用することはできません。これには、以下の活動等が含まれますが、これらに限定されません。

  • 核兵器もしくは核爆発装置の設計、開発もしくは製造、または核実験もしくは核爆発の考案、実施、もしくは評価。
  • 重水を製造し、原料物質および特殊核物質から同位元素を分離し、またはプルトニウムを含有する原子炉燃料を成型加工するために特に設計された、照射済み特殊核物質の化学処理施設の設計、設計の支援、建造、組立、または運営。
  • 化学兵器もしくは生物兵器、化学前駆物質、ウィルス、ウィロイド、バクテリア、菌類または原生動物の成型加工用機器の設計、設計の支援、建造、組立、提供、または修正。
  • 上記施設で使用するために特に設計、修正または改変されたコンポーネント用機器の設計、設計の支援、建造、組立または提供。
  • 上記の活動を実施する際に行われる人員のトレーニング。
輸出コンプライアンスツール

NETGEARのECCN(輸出規制品目分類番号)、HTS(統計関税分類番号)、CCATS(貨物番号分類自動追跡システム)番号および原産国をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

商務省輸出規制に関する手引き

米国 商務省産業安全保障局のWebサイト http://www.bis.doc.gov/licensing/exportingbasics.htmには、米国の輸出に関する指針が掲載されています。

NETGEAR製品の再輸出

米国以外の会社と 米国の 会社がNETGEARの製品または技術を再輸出しようとする場合は、それぞれの地域に適用される輸出規制と米国の再輸出規制の双方を遵守する必要があります。 米国原産品目に関連する再輸出およびその他のオフショア取引に関する指針は、 http://www.bis.doc.gov/index.php/licensing/reexports-and-offshore-transactionsに掲載されています。
産業安全保障局の輸出カウンセラーに相談するには、以下のいずれかの番号に電話してください。
Outreach and Educational Services Division, Washington, DC:202 482-4811
Western Regional Office, Newport Beach, CA:949-660-0144
Northern California Branch Office, San Jose, CA:408-291-4212