スタンドアロンのスイッチとして使用可能。ライセンス購入により、クラウド管理もできます

  • ローカルのWeb管理画面から、Insightクラウド管理を使用するかどうかを決定します
  • スマートスイッチはクラウドに接続していなくても、スタンドアロンで動作します
  • クラウドはアプリ/Web経由でどこからでも管理可能
Insight_Switches_Image

汎用性とメンテナンス性が高いスイッチングハブ

Insightアプリ&クラウド スマートスイッチは、いつでもどこでもクラウド経由でアプリ/Webから設定および管理が可能です。Insight対応のスイッチ、ワイヤレスアクセスポイント、ビジネス向けReadyNASストレージのをリモートで一元管理できます。 (ReadyNASはモニタリングのみ利用可能) 

中小企業ネットワークに不可欠なL2/L2+機能を備えたスイッチ

NETGEAR スマートスイッチは、強力なL2/L2+/Layer 3 Lite機能、強化されたパフォーマンスと使いやすさを提供します。音声、ビデオ、データのすべてが単一のネットワークプラットフォーム上で搬送される統合型ネットワークに特化して設計されています。これらのスイッチには、ネットワーク効率向上、運用コスト節減、容易な管理のための最適化が行われています。機能、パフォーマンス、価値の最適な組合せをお求めの先進的な中小企業のお客様にとって、最適なソリューションとなるスイッチです。

規模を問わず、統合型ネットワークに適した設計

  • PoE/PoE+に対応 (一部モデル)
  • 迅速で信頼性の高いVoIP導入のためのAuto-Voice VLAN
  • Auto-Voiceと同じコンセプトのAuto-Video VLANが、IPベース監視システムの導入を加速化
  • スタティックルーティングで内部トラフィックをルーティングし、ネットワークリソースの使用効率を向上
  • IGMPスヌーピングとMLDスヌーピングで、高度なマルチキャストフィルタリングを実現

将来を考えたネットワークを構築するNETGEAR

  • ノンブロックアーキテクチャ、VLAN、アクセスコントロールリスト、L3 静的ルーティング、マルチキャストグループによる堅固なパフォーマンス
  • 包括的なIPv6管理、QoS、ACLで、投資を保護し、IPv6ベースのネットワークへスムーズに移行
  • PoE/PoE+対応 (一部モデル)
  • SFPスロットが装備されているため、必要なファイバーアップリンクを提供可能 (一部モデル)
  • 省電力型イーサネット(IEEE 802.3az)に対応しているため、未使用ポートや短いケーブルがあった場合に、さらなる電力節減も可能
  • Pv4/IPv6入力トラフィックフィルタリング(ACL)と優先度設定(QoS - Diff Serv)による先進的なQoS
  • ダイナミックVLAN割り当てによりユーザー認証が容易になり、場所にかかわらずネットワークにアクセスが可能に

ネットワークの拡張が容易に

  • VoIPの拡張を容易にするAuto Voice VLAN
  • IP監視の展開をシンプルにするAuto Video
  • ネットワークアクセスコントロールのセットアップを案内するACLウィザード
  • スマートコントロールセンターは、マルチスイッチ検出、デプロイメント、モニタリング、ファームウェアのバージョンアップのための強力なツール
  • PoEタイマーで、PoE給電デバイスのオン/オフ時間をスケジューリング

トラフィック管理

  • 速度とデュプレックスモードのオートネゴシエーション
  • IEEE 802.3xフロー制御
  • ダイナミックMACアドレス管理
  • IEEE 802.1QベースVLAN
  • Auto Voice VLAN
  • Auto Video VLAN (一部のモデル)
  • VLANルーティング(一部のモデル)
  • WRR、厳格なプライオリティ、またはその両方に基づくQoS
  • ポートベース、およびIEEE 801.2pベースのQoS
  • TCP/UDPベースのQoS
  • DiffServ
  • IPv4およびIPv6ベースのQoS(一部のモデル)
  • DSCP対応
  • レートリミット (ingressまたはegress)
  • リンクアグリケーション (LACP)

セキュリティ

  • MACロックダウン
  • MACの数によるMACロックダウン
  • IEEE 802.1xポート認証
  • ダイナミックVLAN割り当て
  • ゲストVLAN
  • TACACS+
  • 3 HTTPS /SSLバージョン
  • TLSセッション
  • トラステッドMAC
  • IPv4, L4ベースのアクセスコントロールリスト (ACL)
  • IPv6ベースのACL(一部のモデル)

マルチキャスト効率

  • IGMPスヌーピング (v1, v2, v3)
  • IGMPスヌーピングクエリア
  • 宛先不明マルチキャストトラフィックのブロッキング
  • MLDスヌーピング

スパニングツリー、ルーティング、スタッキング

  • IEEE 802.1D スパニングツリープロトコル、IEEE 802.1w ラピッドスパニングツリー、マルチプルスパニングツリー
  • STP無効化時にBPDUフラッディングを有効化/無効化するオプション
  • 32種類のスタティックルートを備えたスタティックルーティング(一部のモデル)
  • ホストされているARPテーブルサイズ: 512 (一部のモデル)

信頼性、性能、トラブルシューティング

  • 入口および出口トラフィックのポートミラーリング
  • ジャンボフレーム対応
  • ブロードキャストストーム制御
  • ケーブル診断
  • ループ検知
  • DoS保護
  • IEEE 802.1ab LLDP
  • LLDP-MED
  • デュアルイメージ
  • SNTP
  • 802.1x無効化時にEAPOLのフラッディングを有効化/無効化するオプション
  • 保護されているポート
  • DNSクライアント
  • DHCPクライアント
  • DHCPスヌーピング
  • pingおよびtracerouteクライアント
  • 省電力型イーサネット(IEEE 802.3az)対応(一部のモデル)

スイッチ管理

  • InsightモバイルアプリまたはInsightクラウドポータル
  • ウェブブラウザーベースの管理GUI
  • マルチスイッチ管理のためのスマートコントロールセンターソフトウェア
  • IPアクセスリスト
  • IPv6管理
  • 設定可能な管理VLAN
  • SNMP v1, v2c, v3
  • 標準MIB (RFC1213, RFC1643, RFC1493)
  • RMONグループ1, 2, 3, 9
  • スマートコントロールセンターを通じたファームウェアのアップグレード (TFTP)
  • TFTP/HTTPを通じたファームウェアのダウンロード (スイッチへ) とアップロード (サーバーへ)
  • HTTPを通じた設定とイメージのアップロード (PCへ)
  • TFTP/HTTPを通じた設定のダウンロード (スイッチへ) とアップロード (サーバーへ)
  • メモリログとフラッシュログ
  • Syslog (サーバー)
  • システムパスワードによる保護

NETGEARの製品保証

製品名

GS110TPP

モデル概要
  • NETGEAR PoE+対応 ギガビット10ポート アプリ&クラウド スマートスイッチ (GS110TPP)
メーカー型番
  • GS110TPP-100AJS
価格
  • ¥47,300(税込)
1000BASE-T(10BASE-T/100BASE-TX)
  • 10
SFPポート
  • 0
PoE給電ポート数
  • 8
PoE+ (802.3at)
  • 8
PoE給電能力
  • 120W
FlexPoE 機能
MDI/MDI-X 自動切替
対応言語
  • 日本語GUI対応
Insight対応
MACアドレス数
  • 8K
バッファーサイズ
  • 512KB
VLAN (対応数)
  • 64
VLANルーティング
ダイナミックVLAN割り当て
プロテクトポート
MLDスヌーピング
静的ルート
  • ○ (32)
ホストARPテーブル
  • 512 ARP
EEE
DoS保護
ループ防止
最大電力 (全ポート使用、ラインレートトラフィックの場合)
  • 141.3W (PoE最大時)
ファン
  • ファンレス
騒音レベル@25C
  • 0 dBA
動作温度
  • 0~40 ℃
MTBF
  • 646,773時間 (73.83年)
重量(kg)
  • 0.64kg
寸法(WxDxH) mm
  • 236 × 101 × 27 mm
省エネ法に関する表示*1
  • 区分: A
  • 最大実効伝送速度*2: 10.0Gbps
  • PoE最大供給電力: 120W
  • エネルギー消費効率*3: 14.32W/Gbps
同梱内容
  • スイッチ本体
  • 電源アダプター
  • ゴム足
  • 壁掛けキット
  • マグネット
  • インストールガイド
  • ユーザ登録のお知らせ(製品保証規定)

※1. 省エネ法 (エネルギーの使用の合理化に関する法律) に基づく表示事項です。 ※2. 最大実効伝送速度とは、省エネ法で定める測定方法により測定されたフレーム長が1,518バイトの時における最大の実効伝送速度です。 ※3. エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める測定方法により測定された最大実効伝送速度で除したものです。